[NEW]総量規制に対応!借り入れ可能額をその場で診断。詳しくは⇒

キャッシングの基礎知識

なかなか聞けないキャッシングの知識から、手堅く、かしこく、計画的にキャッシングを利用するためのノウハウまでをご紹介します。

返済方法について

元金定額返済方式(元金定額払い)

元金定額払いは毎月一定の元金とそれまでの利息を支払う方法です。
支払回数は契約金額(借入利用金額)÷毎月の元金入金額(一定)になります。

利用例

契約額(利用額)30万円、実質年率15.0%、15回払いで借入の場合

支払回数 支払金額 支払金額(利息計算方法 1ヶ月=30日で計算) 利用残高
1 23,698

元金 20,000

利息 3,698

280,000
2 23,452

元金 20,000

利息 3,452

260,000
3 23,205

元金 20,000

利息 3,205

240,000
4 22,958

元金 20,000

利息 2,958

220,000
5 22,715

元金 20,000

利息 2,715

200,000
6 22,465

元金 20,000

利息 2,465

180,000
7 22,219

元金 20,000

利息 2,219

160,000
8 21,972

元金 20,000

利息 1,972

140,000
9 21,726

元金 20,000

利息 1,726

120,000
10 21,479

元金 20,000

利息 1,479

100,000
11 21,232

元金 20,000

利息 1,232

80,000
12 20,986

元金 20,000

利息 986

60,000
13 20,739

元金 20,000

利息 739

40,000
14 20,493

元金 20,000

利息 493

20,000
15 20,246

元金 20,000

利息 246

0
支払い元合計 支払い利息合計 総支払金額
300,000円 29,585円 329,585円

一般的に元金定額返済方式は当初の支払金額が多くなるものの最終的な総支払額(支払利息)は元利均等返済方式に比べ少なくなります(同じ支払回数の場合)。
他社借入との兼ね合いもそれほどなく、計画的に返済したい場合、お薦めできる支払方法と言えます。

メリット
  • ・計画的に返済したい場合、お薦めできる支払方法と言える。
  • ・最終的な総支払額(支払利息)は元利均等返済方式に比べ少なくなる。
デメリット
  • ・一般的に元金定額返済方式は当初の支払金額が多くなる。