[NEW]総量規制に対応!借り入れ可能額をその場で診断。詳しくは⇒

知っトク!お金まるわかり

余った外国通貨を電子マネーに交換!

2017/03/24

海外旅行の時にはなるべくクレジットカードを使うようにしていますが、カードが使えない店もまだあります。だから現金もある程度は必要になります。

ただし、外国紙幣・貨幣はどれがいくらなのかよく見ないとわからないので、日本で買い物する時のように小銭を数えてピッタリ出そうとするなんてことはしにくいですよね?その結果、どんどん小銭が増えていきます。

初めて海外へ行った時は最終日の朝、ホテルの枕の下に余った小銭を「チップ」として全部置いてきました。それが金額にしていくらだったのかもわかりませんし、マナーとしても全然なってません。反省しています。

そんなこんなで結局日本まで現地通貨を持ってくることになり、その後の使い道もなくて困るというのはよくある話です。

電子マネーに交換できる!

そんな時、主な空港にはユニセフの「外国コイン募金箱」がありますので、そこに全部入れるのもいいでしょう。

また、昨年6月からはそんな余った外国通貨を「電子マネー」に交換できる「ポケットチェンジ」というサービスが始まっています。

最初はあの楽天本社に設置され、その後、羽田空港国際線ターミナル、京急羽田空港国際ターミナル駅に端末が設置されています。

なんとこの端末、外国のお金を入れると、SuicaやPASMOなどの電子マネーや、AmazonやLINEのギフトコード、各種クーポンなどに両替してくれるのです。

使い方は簡単。タッチパネルを操作して交換したい電子マネーやクーポンを選択し、あとはお金を投入するだけ。

電子マネーだったら端末のリーダ・ライタにかざせば金額が反映されます。ちなみにその日の換算レートも端末の画面ですぐわかるようになっているそうです。

個人情報などを入力する面倒な操作は一切なし!米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン、日本円といった主要通貨に対応しているスグレモノですが、今後はマイナーな通貨にもどんどん対応していく予定です。

なぜなら「一生に一度しか行かないような国の通貨こそ処分に困る」という声が多いからだそうです。納得!

知っトク!お金まるわかり一覧に戻る